大人気作品の続編!「パンどろぼうvsにせパンどろぼう」

年長絵本

最近花粉症の症状が少しずつ出てきているふくろうです!

みなさんは花粉症大丈夫ですか?私はこの2年くらいで症状が出てきたまだまだ花粉症初心者なのですが、なかなか大変ですね・・・。

本日紹介する絵本は「パンどろぼうvsにせパンどろぼう」です!


パンどろぼうvsにせパンどろぼう

パンどろぼうvsにせパンどろぼう [ 柴田 ケイコ ]価格:1,430円
(2021/2/28 10:18時点)
感想(4件)

前にブログでも紹介させてもらった「パンどろぼう」の続編になります。

前作の「パンどろぼう」は私の奥さんが毎日のように保育園へ持って行くほど子どもたちに大人気の一冊でした♪

今回もワクワクして手を伸ばさせてもらいました!

パンどろぼうと出会った書店でまさかの・・・

私が初めてこの作品に出会ったのは、よく足を運ぶ本屋と一緒になっているカフェ。

最近はコロナの関係もありなかなか足を運べていなかったのですが、久々に行ってみると・・・

なんと作者の「柴田ケイコ」さんの色紙が!!

ふくろう
ふくろう

お会いしたかった。。。

お会いできなかったのは残念なのですが、初めて絵本を知れた場所でこのような出会いがあったことにとっても嬉しい気持ちになり、この作品がより好きになりました笑

絵本の内容紹介

今回の作品の主役もやっぱりパンどろぼう!

ただ前作でパン屋のおじさんに諭されて、立派なパン職人となっているパンどろぼうです。

舞台は森のパン屋さん。

とっても美味しくできたぶとうパンをお客さんが誰も買っていかないことを不思議に思ったパンどろぼう。ぶどうパンの様子を見に行くと、すべてのぶどうパンがどろぼうにあっていました。

前作と反対の立場が面白いですね。

パンどろぼうは待ち伏せするも失敗して、自らぶどうパンをかぶっておとり作戦で犯人を捕まえます。

犯人もパンをかぶっているのですが、その正体は・・・是非絵本を開いてみてください笑

そして犯人にも一緒にパン作りを提案します。

前作でおじさんにパンは自分で作ったほうが楽しくて、美味しいことを教えて貰ったパンどろぼうが今度は教える立場になります。

前作とのつながりがしっかりあって、パンどろぼうの成長が見れるのもとっても楽しい作品でした♪

子どもたちの反応

前作を堪能している子どもたちは大喜びでした!

またパンかぶってる!

お客さんいっぱいになったね!

あのパン美味しそう・・・

などなど、しっかり前作との違いなども感じながら楽しんでいたみたいです♪

もちろんこの絵本からスタートしてもきっと子どもたちは喜んでくれると思います。

でも前作とのつながりも楽しさの1部なので思いっきり楽しもうと思えばやはり前作を読んだ後の方がオススメなのではないかなと感じました。

ふくろう
ふくろう

決してパンどろぼうの回し者ではありませんよ笑

機会があれば、まず図書館などでセットで借りて読んであげてもいいのではないかなと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました